Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かえるのかさやさん

かえるのかさやさん (えほんのマーチ)かえるのかさやさん (えほんのマーチ)
(2003/05)
戸田 和代よしおか ひろこ

商品詳細を見る


図書の時間。
いつも本を決めるのにモタモタしてるらしい。
でも、今日はこのかえる本。すぐに決めたらしい。
かえる好きにはもってこいやね。
かえるの絵がほのぼのとしてかわいいです。
こう、力が抜けるというか・・・。
特筆すべき点は、マメ子がはじめて声を出して読んだということ。
おどろきです。
かえるのかさやさん、ありがとう。
スポンサーサイト

マメ子の参観

行ってきました。マメ子の参観。
今日の参観は、1年生の総まとめ、生活発表会という感じ。
教室の中にきっちり舞台をこしらえちゃって、そこで、個々発表していくという、緊張感あふれるもの。

まずは、みんなで暗記した宮沢賢治の「アメニモマケズ」
当然、マメ子は話せないので、突っ立てるだけ。
気まづそうな奇妙な笑顔。「ママ助けて」と言ってるように思える。勘違いかもしれないが、それが切ない。
でも、みんなの中で、話せないけど、同じように、マメ子は充分がんばってる。

マメ子の発表は「けんだま」
ずっとずっと練習している。
でも、きっとクラスの中で一番下手だと思う。
グループでけんだまするんだけど、マメ子だけ、なんども失敗。。
するとクラスの子たちが、「マメ子がんばれー」「マメ子もういっかい」と、温かい声援が。
ほんとありがたいです。
なんとかマメ子も成功し、満足そうな笑顔が見れました。

「マメちゃん、えらかったなー。がんばってたん、見てたよ」と言うと「できた!」といい笑顔でした。

その後、保護者&担任との懇談会。
この一年を振り返って一言ずつ挨拶するというもの。
わぉ!人前で語るのが一番の苦手なしろもの。。
でも、ずっと、みんなに、「ありがとう」と言いたかった。
「マメ子のこと、いろいろ助けてくれる、温かいクラスのみんなに、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました」
というだけで精一杯でしたが、自己満足かもしれないけど、スッキリした。
ずっと伝えたくて、うずうずしてた。

この懇談で、一人のお母さんが、「学校行くの嫌がって、嫌がって、大変な時がありました・・・(涙)」みたいな話をしてました。
うちだけじゃなかってんな。。大変やってんなと。
「わかるよわかるよ、お母さん、しんどいよねー。うんうん」と。
しんどいのは自分だけじゃないんやと思う懇談でした。
一年を振り返り、なんやかんや言うても、いいクラスやったなぁとしみじみした。

帰宅後は、参観で録画したビデオを、マメ子と一緒に見ました。
マメ子は、ニコニコ楽しそう。

「待ち遠しききみ」 NHKデジスタ

NHKのデジスタって番組を見た(初めて)
「いも」って作品が一番に選ばれてたね。
あたしは真田夕起さんの作品「待ち遠しききみ」が、一番よかったなぁ。
マメ子の育児でいきずまった時、これを見て、初心に戻りたい。

心が洗われるなぁ。。これ何度見ても泣ける。
単にあたしのツボなんかね?
「赤ちゃん誕生」ほんとにいつでもどこでも感動する。
生まれる前から何よりも大切に思われてるんですよね、赤ちゃんて。

よければ見てみて→「待ち遠しききみ」

真田夕起さんは、専業主夫で、二人の娘さんを育ててはるらしい。さすがやなと変に納得。
ちなみに奥さんは看護婦さんなんやて。

さて、これから、マメ子の参観です。
どうなることやら・・・。

障害者用の自転車

ごぶさたしております!
最近のマメ子は、おじぞうさまのごとく平和です(ちょっと言い過ぎか)
でもあのエクソシストのような癇癪はほとんどないです。
ことばはボチボチですが、言葉でなくても、文字、マカトン、その他、などで、かなりコミュニケーションがとりやすくなったと思います。
その為、癇癪が出ないのかもです。。これは想像の範囲ですが。
癇癪はうっといけれど、それだけ、本人が伝えたいのに伝えられないという苦しみの渦の中でもがいているのかもしれないね。
今は余裕があるせいかそんなこともふと考えられます。
もし、今度癇癪が起きた時には、「マメ子は今、渦中にいるのだ!」と思い出せたらと。

で、本題です。
昨日「エチカの鏡」という番組で、堀田製作所さんのことが紹介されてました。
初めて知りました。
障害者用の自転車を作りつづけてこられた堀田さんのこと。
テレビでは堀田さんの生き様を紹介してました。
障害者専門に自転車を作るので、当然貧乏ヒマなし状態。
カップラーメンを買えない、100円玉さえない生活と話してはりました(涙)
でも、途中でやめることなく、借金までして、ずっと自転車を作ってはる堀田さん。
世の中、偉い人っていっぱいいるんですね。
感動して涙出た。最近すぐ泣く、ばばぁの証です。
自分が得することばかり考えず、人の為に生きれる人にはほんと頭下がる。

で、マメ子ももしや、この堀田さんの自転車なら乗れるかなぁと。
マメ子は何故か「ペダルをこぐ」のが苦手で、もうマメ子には自転車は無理だなと。
親子で楽しくサイクリングってのになんとなくあこがれてたけど、もうあきらめなきゃって思ってた。
でも、もしや、この堀田さんの自転車ならマメ子も乗れるかもしれない!
ペダルをこぐのではなく、ペダルを踏み込むと言う感じで、自転車は前に進むみたいです。
同時に踏み込むとか交互に踏み込むとか、それはこちらのいいように合わせてくれるようです。

マメ子とともにサイクリングもありえるかも。新たな希望が!
マメ子にも、自転車でグングンと前に進める爽快感を味わってほしいです!

こういうがんばってる小さい企業のこと、国がサポートとかしてくれりゃいいのに!って思います。
大企業とかは、こういう儲からん商売には手を出さないらしい。もちろん、それはわからんでもないけど。
でもでも。。障害あっても自転車乗れるとうれしいし。ささやかな幸せです。
マイノリティにも愛の手をお願いします(ぺこり)

gekou
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。